「去り行く者は美しい」の法則

FD120_L
こんなやりとりを続けているうち、突然、彼が発狂し、最後に会ってほしいと騒ぎ出します。彼の頭の中は、二度と会えないかもしれない、あなたでいっぱい。
優位に立ったあなたは、どんな命令にでも従わせることができる、最強のハンター。これは、一撃必殺ワザです。
ていうか、これ、私自身が苦い思い出とともに体験した話なのです。
私は2年前、20歳年下の彼(当時23歳)と、ネットで知り合い、1ヶ月半に及ぶABC期間を経て(笑)つきあいはじめました。

知り合って間もない頃は、彼の元カノ(当時32歳)が、「去り行くものは美しい」の法則で、
彼を翻弄し、私から奪おうとしてきました。
その上、50歳のハンターもあらたに登場、捨て身で彼に急接近し、
まったく同じ手法でワナにはめようとしてきました。

彼は、発狂しました。こいつ、バカじゃないかと思うくらい、元カノを追いかけ、
50歳に揺れ、なにかにとりつかれたように、暴走をはじめました。

彼女たちのやりかたが似ていたので、私はすぐに、「これって、ワザでは?」と、気がつきました。
私は私で、メル友の年下男子に「彼氏ができた。もうメールするのよそう。一度も会わないままだったね。サョナラ」と、
送ったことで、相手を燃え上がらせてしまっていたので、「これは逆効果だった」と、思い直しました。

この法則を説明すると、私の彼はシラケて、「オレ、なにやってたんだろう」
と、催眠術がとけたように、正気に戻ってゆきました。
2年の同棲生活を経て、彼はすっかり、おとなになりました。
彼とは6月、結婚しました。

参考:結婚相談所 比較