年下男子に「即エッチ」はNG!

FD175_L
そんな年下男子に、おねえさまから、いきなり「しようよ」の、ラブモーション。人格より先に、チン格を刺激してくるものに、彼らは逆らえません。
強い力で引っぱられるように、男子はおねえさまになだれ込みます。彼はあなたを、人間と見ていません。魔物だと思っています。

おねえさまにとってエッチは、心をオープンにしてこそ、できるもの。彼の人柄を信じて身を投げ出したのに、そんな気持ちは通じていません。
エッチが叶って、嬉しそうに微笑むあなたと対照的に、背中を丸め、すっかりヒクッになってしまった、彼。次のデートに誘っても、うわの空です。
二度とあなたと関わりたくない、と、思っています。

でも、「悪のセックスバージョン」になっている人は、コソコソと偽名を名乗ったり、投げやりな態度を取ったりしています。
目的を達成したら、いつでも「善」の自分に戻れるように、準備をしているのです。そういう人は、チン格の命令で、我を見失い、登録してしまった戦国武将です。

終わったと思ったら、追いかけはじめるのが年下男子です。迫り来るものに対しては、思考が停止してしまうくせに、背を向ければ、狂ったように追ってる。

この習性を利用して、彼をあなたの奴隷にしてしまいましょう。理由はなんだっていいんです。
「とうぶんフランスに行きます。もう日本には二度と、戻らないかもしれません」
サョナラ、元気でね。私のこと、忘れないで。本当に本当に、大好きでした。あなたのこと。忘れないよ、ありがと。

出展:結婚相談所 選び方