FD120_L
こんなやりとりを続けているうち、突然、彼が発狂し、最後に会ってほしいと騒ぎ出します。彼の頭の中は、二度と会えないかもしれない、あなたでいっぱい。
優位に立ったあなたは、どんな命令にでも従わせることができる、最強のハンター。これは、一撃必殺ワザです。
ていうか、これ、私自身が苦い思い出とともに体験した話なのです。
私は2年前、20歳年下の彼(当時23歳)と、ネットで知り合い、1ヶ月半に及ぶABC期間を経て(笑)つきあいはじめました。

知り合って間もない頃は、彼の元カノ(当時32歳)が、「去り行くものは美しい」の法則で、
彼を翻弄し、私から奪おうとしてきました。
その上、50歳のハンターもあらたに登場、捨て身で彼に急接近し、
まったく同じ手法でワナにはめようとしてきました。

彼は、発狂しました。こいつ、バカじゃないかと思うくらい、元カノを追いかけ、
50歳に揺れ、なにかにとりつかれたように、暴走をはじめました。

彼女たちのやりかたが似ていたので、私はすぐに、「これって、ワザでは?」と、気がつきました。
私は私で、メル友の年下男子に「彼氏ができた。もうメールするのよそう。一度も会わないままだったね。サョナラ」と、
送ったことで、相手を燃え上がらせてしまっていたので、「これは逆効果だった」と、思い直しました。

この法則を説明すると、私の彼はシラケて、「オレ、なにやってたんだろう」
と、催眠術がとけたように、正気に戻ってゆきました。
2年の同棲生活を経て、彼はすっかり、おとなになりました。
彼とは6月、結婚しました。

参考:結婚相談所 比較

FD127_L
出したい、止まらないの年下男子と、ベッドになだれ込んだ後、A←ちよいB←服を脱ぎかけたくらいのところで、
「待って」って、途中でやめちゃうのです。「やっぱり会ってすぐ、こんなことしない方がいいと思う」と、あなたはしおらしく言います。
年下男子は、もともとそう考えていますから、爆発寸前のチン格を引っ込め、「そうだね……」と、意外とあっさりあきらめてくれます。
出来事は、彼の奥底に、強い印象を残します。

別れた後、しばらくして、必ず彼のほうから連絡がありますので、
あなたからは連絡しないように。彼は忘れ物をしたみたいに、あなたを強く求めはじめます。なぜこんなに彼女に、会いたくなるんだろう?
知り合い愛してしまったからだ。彼は、確信します。

まさか、チンという名の暴れん坊将軍が、仕事のやり残しにイラついているとは、夢にも思いません。
一度は、断りましょう。もう会うのよそう、とかなんとか言って。そうすると、あなたの存在が彼の中で、ますます美しく輝きます。

これは、一撃必殺ワザです。さんざんもったいつけたあとのエッチは、情熱的です。ぜひぜひ楽しんで、実行してください。


☆☆☆コラム☆☆☆
会社でのC子さんは、男性から注意されるとしおらしく謝るのに、女性からだと迷惑そうな顔して、
心のこもっていない「ごめんなさい」を言うだけ。これでは、女性たちからモテるわけがない。
また、C子さんは‐横断歩道などで男性にぶつかりそうになったら、しつこいほどに謝ります。
でも、相手が女性だったら知らん顔。そこまでするのかと、あきれてしまうけど、C子さん本人はそれが当たり前だと思っています。
さらにC子さんは、女性だけの飲み会だと義理で出席するという態度ですが、男性が入る合コンだと、がぜんはりきりだします。気合いの入れ方が違います。

参考:出会いがない 社会人

FD130_L
1回きりじゃなくて、また会いたいと考えているのなら、「人格」に挨拶し
てから、チン格へと移動されることを、おすすめします。

「日本人とセックスと罪悪感」
そもそも日本人は、セックスに関して、つねに罪悪感と隣り合わせです。
性をテーマに人間を描いた小説で、空前の大ヒットを飛ばした「失楽園」。不倫
のセックスに明け暮れる男女が、ラストでただなんとなく別れたり、ハッピーエ
ンドを迎えたとしたら、これほど人気は出なかったと思います。まるで天から罰
せられるように、心中してしまうところが、日本人を安心させたのだと思います。
「プラトニック・セックス」という小説も、大ヒットしましたね。
あれは、タイトル勝ちだと思います。「プラトニック」と、「セックス」を組み合わせたところが、
日本人の罪悪感を昇華してくれて、安心させたのだと思います。


--古典セックスA・B・Cに関する考察

ここでまた、昔話です。
友だち関係が、肉体関係に発展してゆく段階を、昭和のよき時代では、
「ABC」という、アルファベットであらわしていました。

Aはキス。Bはペッティング(いわゆる「前戯」)。Cはそれ以上。
アー、E気持ち。
私もその昔、学校で、「昨日、会った人とついにAまでいっちゃって、
きやあ、どうしよう」なんてことを、お友だちと話したりしていました。

今の女子にとっては、笑える話だと思います。だいたいなんで3回に分けるの?
なんて聞かれそうですが、それくらい、エッチはとんでもないことだったし、
口に出すのも恥ずかしかったわけです。クラスで、ABC、ABC言ってるのは、だいたい不良でした。
使えるんですよ、これが。
そのABCを、平成の今、あえて復活させたらどうなるか……。

参考:出会い系 サクラいない

FD175_L
そんな年下男子に、おねえさまから、いきなり「しようよ」の、ラブモーション。人格より先に、チン格を刺激してくるものに、彼らは逆らえません。
強い力で引っぱられるように、男子はおねえさまになだれ込みます。彼はあなたを、人間と見ていません。魔物だと思っています。

おねえさまにとってエッチは、心をオープンにしてこそ、できるもの。彼の人柄を信じて身を投げ出したのに、そんな気持ちは通じていません。
エッチが叶って、嬉しそうに微笑むあなたと対照的に、背中を丸め、すっかりヒクッになってしまった、彼。次のデートに誘っても、うわの空です。
二度とあなたと関わりたくない、と、思っています。

でも、「悪のセックスバージョン」になっている人は、コソコソと偽名を名乗ったり、投げやりな態度を取ったりしています。
目的を達成したら、いつでも「善」の自分に戻れるように、準備をしているのです。そういう人は、チン格の命令で、我を見失い、登録してしまった戦国武将です。

終わったと思ったら、追いかけはじめるのが年下男子です。迫り来るものに対しては、思考が停止してしまうくせに、背を向ければ、狂ったように追ってる。

この習性を利用して、彼をあなたの奴隷にしてしまいましょう。理由はなんだっていいんです。
「とうぶんフランスに行きます。もう日本には二度と、戻らないかもしれません」
サョナラ、元気でね。私のこと、忘れないで。本当に本当に、大好きでした。あなたのこと。忘れないよ、ありがと。

出展:結婚相談所 選び方

FD176_L
セックス=オーガズム。私は、そう思います。
男子、女子、どちらにとっても、セックスは、イクためにする行為です。
髪を撫でられたり、ボディを愛撫されたりする前戯は、オーガズムヘ到達する前の、楽しい寄り道です。
イクことが気持ちがいいから、またしたくなるのです。そうやって人類は、繁栄してきました。

しかし、オーガズムに関して女子は、男子のように単純明快にはできていません。
男子は放出する側なので、神様は、そこに葛藤を与えませんでした。
かんたんに興奮し、単純にイケるようにできています。

それに対して女子は、受け入れ側ですから、門番になってDNAを選別しています。
女子のオーガズムは、メンタルな操作が強く、思慮深い人ほど、そう簡単にはイケないようです。

そもそも男子の一生は「チン」との戦いである
会ったその日に、いきなりエッチ。
そういうラテン的なノリも、たしかにアリでしょう。
相手の男性が、成熟したおとなの場合に限っては。
あなたの「したかった」という気分を、情熱だと捉えてくれたり、詩的な風景を描いてくれたり。
しかし、相手が年下男子の場合、会って間もないエッチは、NGなのです。
そもそも男子の一生は、チンとの戦いです。自分の意思とは無関係に立ち、放出命令が下ります。
年下男子は、人生でもっとも厳しい、チンの戦国時代を生きています。
将来のことを考えなければならない時期に、邪魔をするように割って入る、
己の「性欲」に、コンプレックスを抱えています。

参考:

MIX46033
人生の目的は結婚にある、と考えるひとが、その目的を達成すべく結婚するぱあい、その結婚は目的としての結婚であるといえるでしょう。現代の文明的条件が、女性の大部分をこの結婚にみちびいています。結婚前は、結婚準備にすごし、結婚後は、死ぬまで結婚生活に生きる現代一般女性にとって、結婚が目的であったとしてもふしぎではないのかもしれません。
現代一般女性が、現代の文明条件によって、目的としての結婚をおこなうといいましたが、後述するように、現代の社会的条件が女性の一部に手段としての結婚をおこなわせる結果をもたらしていることも否定できないでしょう。
この種の結婚が、男性に関係がないというのでもありません。ただ、男性にあっては、女性におけるほどそれが一般的ではないのではないか、という疑いがあるのです。そのことについては、手段としての結婚の種々和をみることで判断できるにちがいありません。
ところで、目的としての結婚に、どのような形態のものがあるのか。まず、もっとも現代的な性格のものと考えられている恋愛結婚があげられます。
これを読んでいれば、ここで、出会った人はあなたから離れられないかも。
じつは、恋愛結婚ということばで一括されてはいても、これにはやはりいくつかのちがった性質のものがふくまれているのです。ここではいま、恋愛結婚を目的としての結婚の一形態としてあげましたが、恋愛結婚にも手段としての結婚がふくまれてさえいるくらいなのです。
恋愛と結婚には本質的な相違点があります。しかし、それにもかかわらず、現代においては、恋愛と結婚とは不可分のものという考えが一般的となりつつあります。

出展:

優先順位を判断するエクササイズ
仕事と家族のどちらを夫は大事に考えているかを判断するのに、優先順位のチェックリストを用いるのも一つの手です。夫と、この問題で話し合う手がかりにもなります。
まず、あなた自身がやってみて、その結果を夫に示します。その時に、なぜこんなことをやっているのかを説明します。おそらく、夫もやってみる気になると思います。夫自身がやるのを拒む場合には、あなたがやって出した結果に対する夫の感想を求めてみたらどうでしょう。いずれにせよ、チェックリストを手がかりにすれば、話し合いがしやすくなると思います。事を構えて話し合いを強いた場合にとかく起こりがちな口論の心配もなく落ち着いて話し合えると思います。
出会いはここに、たくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。
次に示す十の行動は、私が定めた順位に従って配列したものです。これを、あなた自身の優先順位に従って配列し直してください。
そして、その結果を夫に示し、夫にも、自分の優先順位に基づいて配列し直してもらいます。
双方がこの十の行動のうち、自分にとって重要でないと思われる項目は除去し、代わりに重要であると思うものを加えていいことにします。

1、家の雑用を処理する
2、相手が手伝ってくれた時に、礼を言う。
3、興味のある会話を始める。
4、自分の気持ちの動き、感じたことを隠さずに相手に告げる。
5、双方の仕事(家事も含む)を相互にサポートし合う。
6、友だちよりも、妻(夫)との時間を多く持つ。
7、相手の性的ニーズに理解を示す。
8、家にきちんと給料を持ってくる。
9、子供とのかかわりを大事にする。
10、相手の心情面でのニーズに理解を示す。

出展:

さて、シンディがこのエクササィズの結果をチャーリーに示したところ、チャーリーも自分でやつてみることにしました。
その結果、明らかになった二人の相違点についてチャーリーは議論することを望んだのですが、
シンディは、「話し合いなら歓迎するけど、言い争うのは断る」と、はっきり釘を刺したのです。

それぞれのチェックリストの結果はどうなったでしょうか。
シンディは、
「家に給料をもってくる」‐3
「家の雑用を処理する」‐6
チャーリーは、
「家に給料をもってくる」‐9
「双方の仕事をサポートする」10
としました。

シンデイは、「口論を中止する」を加え、7にランクし、チャーリーは、「浪費しない」を加え、8にランクしました。
このチェックリストはスコアを出す必要がなく、ランキングの理由を話し合うことが目的です。
チャーリーはシンデイのリストを見て、家事の手伝いがシンディにとっていかに大事なことかを初めて知ったのです。
これを読んでいれば、ここで、出会った人はあなたから離れられないかも。

しかし欲しいものを欲しいと口に出して言うすがすがしさ、心地よさを私たちはすでに知ってしまった。
二十代でどんな選択をしたからといって、そのときイメージしたこれからの人生を、これから死ぬまでえんえんと生き続けなくたっていいじゃないか。
世の中はどんどん変わりつつある。その流れのなかで自分もどんどん変わっていく方が自然なんじゃないだろうか。

出展:

一方、シンディは、浪費をしないことがチャーリーにとって重要な関心事であることを知ったのです。思うに、シンディとチャーリーの場合はまだよい方です。
金儲けに没頭し、家族に対する責任を果たす時間などないと信じ切っている男性は世の中に多くいます。リラックスしたり、楽しみに興ずる自由がないと思いこんでいる男性は多いのです。
そして、仕事一途の日々を送っています。このような生活が間違いであるという認識がありませんから、仕事が家族に与えているストしスを軽減する必要を感じないのです。
その結果、自分の労働の成果である家族の安らぎや温(ぬく) もりを楽しむことをしていないのです。
一方、多くの妻たちは、このような状況がもたらすストレスに耐えられず不満を口にします。こうして、状況はもっと悪くなるというわけです。
「フェアじゃない」とか、「家に仕事をどうして持ってこなきゃならないの」、「まるで、私を別の世界に追いやっているみたい」などといった不満を述べます。
しかし、このような不満を言うだけでは、本当の問題を解決する話し合いにはなりません。
ところで、もっと親しみ合う時間を優先して欲しいと望むシンディと、経済的な安定のために仕事を優先するチャーリーとの優先順位の違いがなくなるまでには、
何回も話し合い、チェックリストの書き変えの作業をする必要があります。ギャップはそのまま放置しておくことはできないのです。
会話の中からその人の性格や望みなどを見つけられれば、ここで出会った人は自分にとってどんな人なのか、わかりそうですね。
そのために、チャーリーは努力しなければならないのですが、チェックリストのエクササイズによって、努力するきっかけが生じたわけです。
チャーリーの努力を次に紹介しましょう。

出展:

優しい男性がいい。
女性はよくそう言いますが、男性だって優しい女性を求めています。
だから、美人でも優しさがなければ、男性はすぐに離れていきます。
異性を惹きつけるいろんな力を持っている女性。それがモテる女性です。
目つきもそうだし、優しさもそうだし、さまざまな「モテカ」があります。
それがモテる女性の正体です。
何にもしないで男たちが寄ってくるわけではありません。
自分にあるモテカをちゃんと使っているから、男性たちが近づいてくるのです。
たしかに最初に声をかけてくるのは男性のほうかもしれませんが、そのとき女性の側は相手を惹きつける力を使っています。
それがモテる女性なのです。
本当にモテるとはそういうことです。
男性にモテる女性とは?その答えがここにあるかもしれない

男性からしかモテない女
モテる女性は同性からも異性からもモテる。
どちらか一方だけからモテるのは、本当にモテたとは言えない。これは本当のことです。
男性からモテればそれでいいじゃない。と、言う女性もいます。
とても現実的で正しいように思えるけど、実はまちがっています。
周りの女性を見てみてください。同性からも異性からもモテる女性はおりませんか?
どちらか一方だけからモテる女性はおりませんか?
両者の違いはどこにあるか探してみてください。

男性だけにモテるC子さんは、男性からするととても都合のいい女性です。男たちはこう考えます。
C子は軽そうだから誘ってみよう。
もちろん、そんなことは口にも態度にも出しません。
男たちの間では、C子はかんたんに落ちる、という情報が流されています。
だから、次から次へと違う男が、C子さんの前に現れます。まるで、さとうにむらがるアリみたいです。
また、C子さん自身、いつも男性ばかり見ています。いくら目力が大切だといっ
ても、それではまちがいなく同性からは嫌われてしまう。

あなた自身は大丈夫ですか?

参考: